Manila; First Week

b0219728_22442957.jpg















4月5日
ついにマニラへ。人生2回目の海外生活スタート。
空港でこれから一緒にMAコースに参加する、日本人メンバーと顔を合わせる。
これから始まる日々のことを考えると、
期待と不安が入り混じりとにかく落ち着かない。

夜11時過ぎ、これから4か月間英語トレーニングを受ける
Atene de Manila University に到着。
暗くて周りが良く見えないが、入口からから大学内にある宿泊先までの遠さは尋常ではない。

宿泊先に着くと、既に到着している他のアジア諸国の生徒たちと出会う。
軽く挨拶をして早々と就寝。


4月7日、8日
入学式&オリエンテーション。
12カ国から約30人ほどの生徒が集まる。
入学式というから気合いを入れて1年半ぶりにスーツを着たのだが、
他の学生はキレイめの格好という感じ。
人数も少なく式は、アットホームな雰囲気。
Ateneo de Manila、University for Peace、そしてこのAisa Leaders Programmeの
資金提供者である日本財団の代表からそれぞれ挨拶が述べられる。

その後は具体的なカリキュラムの説明へ。
授業内容はかなり厳しいものらしく、脅し文句のような言葉続く。
果たして、私、大丈夫だろうか。。。

さて、私しが通うAteneo de Manila Universityは、フィリピンの英雄、ホセ・リサールも
輩出した超名門校で、フィリピンのアッパーミドルクラス以上が通う大学。
確かに近代的な設備とキレイに手入れされた緑の美しいキャンパスには、
歴史ある風格が漂っている。

これから4か月住むことになる学内の寮に移動。
家は学外のドミトリータイプの家に住む者、大きな家をシェアする人など様々。
ただ落ち着き先が中々決まらず逡巡する学生も多い。

私の住む大学の寮は個室、インターネット使用可、風呂&トイレ、エアコン完備で13650ペソ。
正直安いとは言えない額だが、清潔さ、快適さから既に愛着が湧きはじめる。

金曜の夜は先輩たちと合同のウェルカム・パーティーに参加。
その後はカフェに移動して、知り合ったばかりの仲間と交流を深める。


4月9日、10日
初めての週末。
土曜日は、近くにあるテクノロジー・ハブというモールを案内してもらい買い物&お茶。
日曜は近くのスーパーで新居のためのお買いもの。
マグカップ、タオル、洗剤、食料品など一揃い買う。
のんびりとした休日。

写真は、授業を受けているAteneo de Manila Universityのキャンパス。
[PR]
by imattigo1453 | 2011-04-22 22:53 | Philippines


フィリピン、コスタリカで平和学を学ぶ留学生活。


by imattigo1453

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Japan
Philippines
Middle East
未分類

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月

その他のジャンル

最新の記事

デモにて
at 2012-07-09 05:14
Started Intern..
at 2012-07-03 04:55
福島原発ドキュメンタリー 
at 2012-06-29 19:02
One Minute JAM..
at 2011-07-05 00:28
Who can survive?
at 2011-07-03 10:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧