「ほっ」と。キャンペーン

デモにて

b0219728_510874.jpg












日本での原発再稼働反対市民運動の高まりを、毎日ドキドキしながら
ネットのニュースやソーシャルメディアでチェックしている今日この頃。
実はここイスラエルでも、「アラブの春」さながらのソーシャルムーブメントが昨年から起こり始めています。

そんな中「今晩デモあるけど行く?」と同僚に軽く誘われ、人生初のデモに参加してきました。

2010年12月、チュニジアで起きた反政府運動は
またたくまに他のアラブ諸国に広がって「アラブの春」となり、
その後それは全世界に市民運動をもたらす一大ソーシャルムーブメントとなりました。

コスタリカの大学院の授業でもこのトピックは取り上げられることが多く、
いくつかのアラブ諸国が成し遂げた偉業に私も胸を熱くして講義を聞いていた覚えがあります。

ここイスラエルでも経済格差と貧困、6.5% (April1 2012, GLOBES Israel business Arena)にのぼる失業率
の高さがが大きな問題であり(特に若年層)、
このデモのスローガンは"Social Justice"、景気の回復と格差の是正が主な要求となっています。

昨年の9月には40万人を導入する大規模デモがテルアビブで起こり、
その後しばらく沈黙があったものの今年の6月24日には再び大きなデモがあり、
その際には80人余りの参加者が警察に逮捕されるという異例の事態となりました。
曰く、イスラエルのユダヤ人も日本人と同じくpatient & quiet(我慢強く文句を言わない)な人たちだそうで、
これほど大きな市民運動が起こったのは建国以来初めてとのこと。

さて、そんな折、ハイファで世界各国から昨年のオキュパイムーブメントに参加した
アクティビストによるパネルディスカッションというタイムリーなイベントが催されて聴講して来ました。

話を聞いていて興味深かったのはみんながみんなNon-violent movement(非暴力運動)の重要性を説いていたこと。
日本では非暴力運動というと、ガンジーとか、他に方法がない追い詰められた無力な人たちが
とる最終手段的なイメージがあると思うのですが、
コスタリカの大学院でもひとつのコースとして成立するほど、市民運動の手法として一般的なものなのです。
しかも彼らがNon-violentの手法をとるのはそれがviolentよりも有効だから。
非常に効果的で実用的な戦術の一つとして使われているのです。
アラブの春の中でも突出した成功例であるエジプトはこのNon-violentの手法をとった好例なのであります。

そしてアメリカ代表が言っていたのが"What is the next? What is the demand?".
要するにデモの後、一体次に何をするのかが重要だということ。
これは多分今後日本のソーシャルムーブメントでも課題になってくるのだと思いますが、
例えば原発再稼働に反対して、日本政府がその条件を飲んだ場合、
その次の要求は何になるのか。代替エネルギーの開発?仕事を失う原発近隣住民の生活保障?
もし政府が要求を飲まなかった場合はどう戦術を修正するのか?などなど気になることは山積みです。

これに関連してユダヤ人の同僚がイスラエルのソーシャルムーブメントについて語っていたのは、
確かにムーブメント自身は大きくなりつつあるけれど、
その目的、要求事態が非常に曖昧であると。
参加者の中にはお祭り気分でデモを楽しんでいる人もたくさんいて、
このムーブメントがシリアスなものになるのはまだ時間がかかるのでは、とのことでした。

成功を収めた市民運動というのは、かなり前もって参加者にトレーニングを施したり、
政府の妨害なども想定の上で戦略的にデモを行っているので、
日本の反原発運動がこれからどのようなイニシアチブをとっていけるのかということは
注目して行きたいところです。

さて、イスラエルのソーシャルムーブメントについてもう一つ疑問が。
というのもこのソーシャルムーブメント、基本的にはユダヤ人のみで行われており、
アラブ人、そのほかの移民は含まれず、また、パレスチナ問題については全く触れられていないという点なのです。
人口の約25%を占めるユダヤ人以外の人々を無視して、イスラエルの経済復興はありえるのか
疑問なところではあり、来てまだたった2週間を承知の上で言えば、
この国はパラレルワールドのように、
アラブとユダヤという二つの平行した世界が同時に存在するのだという現実を
垣間見たような気がしました。

アラブの春がパレスチナの人々にに影響を与えると思う?と、
同僚に質問したところ、アラブ人の中でもシリアのアサド大統領を支持している人もいるしアラブも決して一枚岩ではなく、
また彼らは情報からも阻害されているし、何より生活が苦しいから革命どころではないのでは返答でした。
まあ、これは彼女の意見なのですが。

2012年、イスラエルと日本は変わるのか変わらないのか、個人的には目が離せません。

写真はハイファのデモの様子。
[PR]
by imattigo1453 | 2012-07-09 05:14 | Middle East


フィリピン、コスタリカで平和学を学ぶ留学生活。


by imattigo1453

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Japan
Philippines
Middle East
未分類

以前の記事

2012年 07月
2012年 06月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月

人気ジャンル

最新の記事

デモにて
at 2012-07-09 05:14
Started Intern..
at 2012-07-03 04:55
福島原発ドキュメンタリー 
at 2012-06-29 19:02
One Minute JAM..
at 2011-07-05 00:28
Who can survive?
at 2011-07-03 10:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧